災害時のお口のケア-防災グッズにも歯磨きセットをお忘れなく!

この度の豪雨により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

 

災害時には、避難所などのいつもと違う環境で生活したり、水やガスといったライフラインの使用が制限されてしまう場合があります。そういった様々なストレスから、体調を崩してしまう方も増えてしまうでしょう。
身体と心のストレスが大きくなってくると、免疫力が下がりやすくなります。

虫歯や歯周病、特に歯周病ではそういった体力が落ちてきたときに、炎症が急性化して病状が急激に進行し、痛みや腫れなどの急性症状がみられやすくなります。

さらに、災害時には被災地やその周辺の歯科医院も休診している場合も多く、歯科治療を受診すること自体が困難な場合も予想されますので、普段の生活以上のセルフケアが求められます。

お家の中の防災グッズに、歯ブラシ等オーラルケア用品も入れておきましょう。

歯ブラシ

まず、少しでも水と歯ブラシがあれば、歯ブラシを少量の水で濡らして磨くことができます。すすぐ水がなかったとしても、歯垢を除去する効果があるので歯を磨くことはとても大切です。そして水があれば、少量ずつ口に含んでしっかりブクブクうがいをします。一度に多くの水を含むのではなく、少しずつ口に含み、うがいの回数を増やしたほうがいいでしょう。
IMG_0023
○歯ブラシがない場合は
ハンカチなどを指に巻きつけて、歯を拭って汚れをとりましょう。また、口腔清拭シートもおすすめです。口腔内の食べかすなどを除去し、舌の汚れの清拭もできます。

 

デンタルリンス

デンタルリンスがあれば、水だけのうがいよりも口臭防止や汚れ除去に効果的ですので、常備していると便利です。
ただし、アルコール入りのものは、唾液の出にくい方が使用すると、お口の中が乾燥しやすくなる恐れがありますので注意が必要です。ノンアルコールタイプの刺激の少ないものがおすすめです。IMG_0024

 

 

 

シュガーレスガム

普段とは違う生活では、ストレスや水分不足により、唾液の分泌も減ってしまいがちです。気分転換をかねてガムを噛んだり、耳の下などの唾液腺のマッサージをしたり、マスクをつけて水分の蒸発を防いだりするのも有効です。

 

入れ歯をご使用の方

避難する時に入れ歯を忘れてしまうと、お食事が難しかったり、うまく話せなかったりします。入れ歯をご使用の方は必ず入れ歯を持って避難しましょう。

また、入れ歯を清潔に保つのも、お口のケアとして、とても大切なことです。
入れ歯をお口に入れっぱなしにしていると、どんどん汚れがたまり、お口の中も不衛生な状態になってしまいます。できれば1日に1度は外して洗いましょう。そのときに予備の入れ歯ケースがあると便利ですね。

介護施設など複数の人が集まっている所では、入れ歯のとり違えも考えられます。入れ歯に御本人の名前などを入れておくといざという時に助かります。かかりつけの歯科医院で御相談してみて下さい。IMG_0026

 

 

 

 

 

■さいごに

災害時は口腔ケアに手が回らないことも当然ありますので、いざという時につらい思いをしないで済むように、普段から口腔内の健康に気をつけて生活していくようにしましょう。

そして、災害時に備えて、歯ブラシ等は防災グッズの中に常備しておきましょう。

あなたのお家の防災グッズもこの機会にぜひ確認してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)