治療中断で起こるトラブルについて

治療中断で起こるトラブル 絵

みなさまの中には、歯が痛くなって歯科医院に通い始めたけれど「歯が痛くなくなった」
「仮の歯が入って良かった」「忙しくて時間がない」などの理由で治療を中断している方がいらっしゃ
いませんか?

今回は、治療を中断することで起こるトラブルをいくつかご紹介いたします。

① 歯の神経を取ったまま放置する 根治

虫歯が大きく、歯の神経を取り除く治療を行った後や、歯の神経が腐ってしまい歯の根の治療を
行っている場合など、主に歯の内部の治療を行っている時は、治療中断のダメージが特に大きく
なります。
痛みがなくなったからといって治療を中断すると、歯の内部は菌に対する抵抗力が弱いため、歯
の中に細菌が増殖して、痛みや腫れが生じることもあります。一方で、歯の内部に雑菌が入っても
神経は取り除かれている場合は、すぐに痛みが出ることは少なく、知らないうちに歯が痛くなった
り折れやすくなったりします。
根の治療の中断は、1ヶ月ほどの中断でも影響が現れ、数ヶ月以上放置してしまうと回復が不可能
となり、歯を抜かなければならなくなる場合もあります。

歯の根の治療は、痛みがなくなった後も治療に回数がかかります。中断してしまい歯の寿命を縮め
てしまわないように注意しましょう。

 

② 被せ物などの型を取ったまま放置する  imp

歯型を取った後でも、歯は口の中で少しずつ移動することも多いため、なるべく型を取った後は、
時間を開けずに完成した詰め物や被せ物を入れるほうが、ぴったりと合います。

型を取って1~3ヶ月経過してしまうと、詰め物や被せ物の適合が悪くなってしまうことも多く、
調整に余分な時間がかかったり、作り直しになることもあります。
また、歯と仮詰めの間に唾液などが入り込んで歯質を溶かし始めることもあり、神経ギリギリで保
存し型取りしていた場合は、神経を取るなどの治療の必要が出てきます。

型を取ると歯科医院では、歯科技工士と呼ばれる専門家によって詰め物や被せ物などが手作業で作
製されます。治療中断による作り直しでは、担当医だけでなく、これらの人の苦労も水の泡となっ
てしまいます。当院でも、歯科技工士がみなさま1人1人のお口に合うように、一生懸命作製して
おります。型を取ったら、ご予約日にご来院いただきますようお願いします。

 

③ 仮歯のまま放置する  TEK

一時的に見た目が元に戻るのが、プラスチック状の樹脂で歯に被せ物などを作る仮歯です。完成後

の形態の確認や見た目の回復の為に作製されますが、長期間の使用には耐えることはできません。

仮歯は時間が経過すると、次第にすり減ってしまうことにより、隙間から虫歯になったり、噛み合

わせが変化したりします。再度治療を開始したときに、また虫歯の治療をやり直したり、新たに土

台の歯を削り直したりしないといけなくなることもあります。

仮歯は、あくまで仮のものですので接着剤も外して治療できるように維持力の弱いものを使用して

います。ガム・飴・お餅など、ひっつきやすい食べ物は仮歯が外れる原因となりますので、お控

えください。

また仮歯が外れたり、欠けたりした場合は修理ができますので、捨てずに歯科医院へ持って行きま

しょう。

 

④虫歯を薬で埋めたまま放置する   バイキン

 

虫歯を削って除去した時に、そのまま最終的な詰め物をしないで、痛みが出ないか薬で埋めて、

次回まで様子をみることがあります。

 

痛みが消えたり、穴も塞がったりする為、もう治ったと勘違いして放置してしまうこともありま

す。しかし、処置は最終的な物ではない為、詰め物自体も次第に崩壊してきます。

次に問題が起きた時は、悪化してしまっている事が多く、神経を取ったり、歯を抜いたりしなく

てはならない事もあります。

 

⑤応急処置のまま放置する    歯

 

親知らずや先ほど①で紹介した神経の治療途中で放置してしまい腫れたりした場合、歯の周囲

を洗浄したり、膿を出したりする、応急的な処置が行われます。

一時的に症状が改善すると、そのままで様子をみたくなりますが、あくまで対症療法に過ぎず、

原因となっている汚れや細菌などは歯茎や歯の内部にそのままになっているため、しばらくする

と前よりもっと腫れてしまうこともあります。

応急処置を繰り返すだけでは、だんだん状態が悪化する場合も多く治療も大変になりますので

根本的な治療をしっかり行いましょう。

 

今回は、中断してはいけない理由を5つご紹介しました。この他にも様々な治療がありますが、どの

治療も、中断して良くなることや治癒することはありません。

必ず行っている治療は、最後まで頑張って終わらせましょう!   ピカピカ

「治療を途中で辞めてしまったから行きにくいな…。」などと気になさらず、お気軽に治療再開のご連

絡やご相談をお待ちしております。しっかり治療を完了させて、お口の健康を守りましょう!

 

松山市の痛くない歯科を目指す
松友歯科クリニック
〒791-8067
松山市 古三津2丁目2-12
TEL:089-952-8214
HP :https://www.matsutomo-dc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)