松友歯科クリニックの新型コロナウイルス対策について

松友歯科クリニックの新型コロナウイルス対策について

私たち歯科医院といたしましては、新型コロナウイルスの第2波の中で、「感染拡大対策と疾患悪化対策」の両方を継続して行っていかなくてはいけない日々」が続いております。

日本歯科医師会はこのほど、「新型コロナウイルスなどの感染症対策における歯科の重要性」に関する国民向けの情報の第3弾として「ウィズ新型コロナウイルス感染症における『予防的歯科診療』」をホームページに掲載しました。

本内容は、定期検診などの長期にわたる中断はむし歯や歯周病の悪化を招き、新型コロナウイルス感染時の重症化に関連するとされ、生活習慣病のリスク因子にも影響を与えて健康に悪影響を及ぼす可能性があるため、次の流行期が来るまでの流行間期に歯科を受診することを推奨しています。

特に、高齢者や基礎疾患がある方で、新型コロナウイルス感染のリスクが高い場合、かかりつけ歯科医が受診に関わる判断をするので、まずは、かかりつけ歯科医への相談を呼びかけています。

松友歯科クリニックでは、第1波の際に、愛媛県歯科医師会から推奨された感染予防対策を徹底し、今後もご安心して皆様にご来院いただける努力を継続しております。

 

  • 受付における対応

➀ 医院入り口においての手指消毒と院内でのマスク着用のお願い

② 受付での体温測定

③ 質問票による問診の徹底

37度以上の発熱などの症状がある方には受診を延期していただいております。

また、感染拡大地域への移動歴がある方は行動歴を詳しくお尋ねする場合がございますのでご理解とご協力をお願いいたします。

 

 

  • 診療室における対応

➀ マスク、グローブ、ゴーグル、フェイスシールドの装着                

② 治療開始前のイソジンによるうがいのお願い

③ 器具、機材の滅菌、消毒の徹底

そもそも松友歯科クリニックでは、開業当時より院内感染対策を徹底しており、今まで行ってきたスタンダードプリコーション(標準予防策)を継続することに注力しております。

 

 

 

 

 

 

 

④ 口腔外バキュームの活用

空気中に飛散するエアロゾルを吸引する口腔外バキュームを診療ユニット8台全てに設置しております。口腔内を吸引するバキュームと合わせると、発生ずるほとんどのエアロゾルを吸引できるというデータがでています。

使用時は少々うるさいですが、感染予防のためですのでお許しください。

 

 

 

 

 

・待合室における対応

➀ 待合室の密を避ける

ご予約時間を厳守するように、診療時間を意識してテキパキと行動することを心がけています。治療時間が伸びてしまうと、治療後の方とこれから治療に来られた方が重なって密になってしまうので注意しております。

② 待合室入り口や診療室の窓を開けて換気を徹底しております。

  ③ 待合室の椅子やカウンターの消毒を約15分おきに徹底しております

  ④ 待合室の雑誌やキッズルームのおもちゃを撤去しております。

 

 

 

以上、松友歯科クリニックにおける新型コロナウイルス感染対策の一部をご紹介いたしました。

今後も皆さまのお口の健康とお体の健康を守るために、努力と工夫を継続してまいりますので、どうぞご安心してご来院ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)