歯のきれいと健康を守る「プチ審美」

「歯の色が気になるけど、なるべく削りたくない」

「目立つ詰め物を白くしたい」

完璧ではなくても気になっているところを治せたら…そんな方にお勧めなのが、小さな治療で改善させる方法「プチ審美」です。

今回はそんな「プチ審美」の治療方法についてご紹介します!

自分の歯をそのまま生かす治療

◇着色汚れが気になる

◇歯の黄ばみを白くしたい

このようなお悩みをお持ちの方にはクリーニング(PMTC)やホワイトニングがおススメです。

【クリーニング(PMTC)】

PMTCとは

P=プロフェッショナル

M=メディカル

T=トゥース

C=クリーニング

の略です。毎日のケアで取りきれないプラーク(歯の表面の汚れ)や、コーヒーやお茶などによる着色、喫煙によるヤニを、歯科医師・歯科衛生士が専門の機器や技術を使って徹底的に取り除きます。

💡おススメポイント💡

〇気になるステインを除去できます

〇虫歯や歯周病の予防になります

〇歯面がツルツルになり、新たな汚れや細菌が付きにくくなる

〇口臭予防になる

 

【ホワイトニング】

加齢や喫煙などの生活習慣により、歯自体が黄ばむことがあります。これは上記のクリーニングでは除去することはできず、漂白効果のある歯科医院専用のホワイトニング剤を使用することにより、歯の内部から白くすることができます。

ホワイトニングにはご自宅で行うホームホワイトニングと歯科医院で行うオフィスホワイトニングがあります・

 

💡おススメポイント💡

〇歯を削ることなく白くすることができる

〇施術当日に白さを実感できる(オフィスホワイトニングの場合)

〇忙しくて歯科医院に通えない方も、自分の好きな時に歯を白くすることができる(ホームホワイトニングの場合)

 

 

なるべく削らない治療

◇目立つ詰め物を白くしたい

◇神経の死んだ歯が変色してきた

◇欠けた歯を治したい

◇前歯の形を変えたい

このようなお悩みをお持ちの方は、コンポジットレジン修復やウォーキングブリーチ、ラミネートべニアの治療がおススメです。

 

【コンポジットレジン修復】

コンポジットレジンとは、虫歯治療で使用されるプラスチックの詰め物のことです。

💡おススメポイント💡

〇歯にしっかりと接着するため、削る範囲を最小限に抑えられる

〇歯と同じような色で修復できる

〇補修しやすく、再治療も歯への負担が少ない

〇セラミックで治療する前のお試しにもGood👍

 

【ウォーキングブリーチ】

ウォーキングブリーチとは、神経がない歯(失活歯)が変色した際に行うホワイトニング法です。神経の治療を行った後、歯の内部に漂白剤を入れて1~2週間おきに交換を行います。

💡おススメポイント💡

〇できるだけ歯を削らず、歯の内部から白くすることができる

〇ラミネートべニアと比較すると費用を抑えることができる

 

【ラミネートべニア】

歯の表面のエナメル質を削り、その上に薄いセラミックを前歯に接着させる審美治療です。

症例によっては削らずに貼るだけで終了することもありますが、通常はセラミックの厚みの分だけ、歯のエナメル質の表面を削ります。

*エナメル質とは…歯の一番外側を覆っている部分で、体の中で最も硬い組織です。刺激に敏感な内部の象牙質を保護する役割があります。

💡おススメポイント💡

〇透明感のある仕上がりで、汚れが付きにくい

〇治療期間が短い

〇ホワイトニングでは白くなりにくい変色歯にも適応できる

 

「歯並びをきちんと治したい」「噛み合わせをよくしたい」という方は、矯正治療でしっかりと治していくことをお勧めします!

 

 

治療後はメンテナンス(定期健診)を!

治療が終わり、歯もきれいになって満足😊という方も、定期的なメンテナンスに通いましょう。メンテナンスでは、クリーニングを行ったり、治療したところは変わりないか、虫歯や歯周病が進行していないかなどをチェックします。必要な場合は、治療の相談やセルフケアの指導をさせていただいております。

定期的なメンテナンスで治療後のお口全体の健康を維持していきましょう❕

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)