手磨きと電動歯ブラシどちらがいいの?

手磨きと電動歯ブラシどちらがいいの?

虫歯や歯周病にならないように、歯磨きは大事です。

どの歯ブラシを買おうかな?また、CMを見たり、買い物中に電動歯ブラシを見て、電動っていいのかしら?と考えた事はありませんか?

 

今回は、手磨きと電動歯ブラシのメリット・デメリットを紹介したいと思います。

 

まずは、子供の頃から使っている方が多い「手磨き」についてです。

手磨きのメリット

①どこでも簡単に購入することができる

コンビニでもスーパーでも、だいたいのお店に歯ブラシは売っているので、買いたい時に購入できます。お出かけした時など、すぐ購入できるのは助かります。

 

②値段が安い

手で動かす歯ブラシは、数百円程度で安ければ数十円で購入可能です。歯ブラシは、消耗品です。交換目安は1ヶ月に1回とされています。毎日使っていると歯ブラシは不潔になります。1ヶ月に1回の高頻度の交換でも気兼ねなく交換できる事もメリットです。

 

③様々な種類から選ぶことができる

毛先の種類や持ち手など、自分の合ったものを選ぶことができます。また、乳児用、学童用、仕上げ磨き用、歯周病用など成長やその時の口腔内の状態に合わせて選べます。正しく使うことができれば電動歯ブラシと変わらないくらいに歯垢などを取り除くとこができます。

 

手磨きのデメリット

①歯磨きの技術が必要

小回りがきき、細部まで磨くことができますが、磨く角度やブラシの当て方などの技術が必要になってきます。同じ歯ブラシを使っている方でも効果に大きな差が出てしまうのは、手磨きのデメリットとなってしまいます。歯科医院で教えてもらった磨き方やコツを思い出して磨くようにしてみましょう。

 

②磨き終わるのに時間がかかる

正しい歯磨きをするためには、時間をかけて丁寧に磨く必要があります。電動歯ブラシより、磨き終わるのに時間がかかってしまいます。

次に、電動歯ブラシについてです。

 

電動歯ブラシのメリット   

①短時間で磨くことができる

人間の力では不可能な速さでたくさんの振動を歯に与えることができます。そのため手磨きより短時間で磨くことができます。忙しくて時間がない人や、歯磨きが面倒だという人などにおすすめです。

 

②誰でも簡単に歯垢が落とせる

正しく使用できれば、誰でも簡単に歯垢を落とすことができます。電動歯ブラシには、様々な機能を備えたものもあるため使いこなすことができれば、歯ブラシが苦手な人にも効果的です。

 

③疲れない

手磨きは、歯の汚れを落とすために丁寧に動かさなけれいけません。電動歯ブラシなら、スライドさせるだけで後は自動で汚れを取ってくれます。高齢者の方や、上手に歯ブラシを動かすことができない方でも簡単に使用できます。

 

 

 

電動歯ブラシのデメリット

 ①電池や電力がないと使用できない

電動歯ブラシは、乾電池式や充電式があり、電池交換や使用後の充電などの手間がかかります。また、歯を磨く際に音が出るため、その音を不快に感じる方もいます。

 

②値段が高め

電動歯ブラシの相場は、数千円~数万円です。先端部分は交換可能ですが数百円~します。メーカーによって交換目安は違いますが、2~3か月に一度または先が開いてきたら交換となります。交換せずに使用すると、雑菌が繁殖してしまい虫歯や口腔内のトラブルの原因となるので注意しましょう。

 

③歯や歯ぐきを傷つける可能性がある

自分の歯や歯ぐきの状態に合ってないブラシの先を使用していたり、パワーの強い電動歯ブラシを使用していると、歯や歯ぐきを傷つける可能性があります。力が強いと止まったり、ランプがついたりするものもあるので、不安な方はそのような機能があるか確認してみてください。

 

 

以上が、手磨きと電動歯ブラシのメリットとデメリットです。

使用する方の年齢・性格・お口の中の状態などで、どちらが合っているか変わってきます。

お互いのメリット・デメリットを踏まえた上で、どちらが合っているか検討してみてください。

 

どちらも、歯ブラシの当て方や使い方のコツを分かっていることで、清潔な口腔内を保つことができます。当院では、治療中や定期健診で歯磨きの仕方についてお伝えしています。

通院する際は、普段お使いの歯ブラシを持参していただければ、詳しくお伝えできます。是非、ご持参ください!

 

 

松山市の痛くない歯科を目指す

松友歯科クリニック
〒791-8067
松山市 古三津2丁目2-12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)