金属アレルギーとメタルフリー治療

金属アレルギーとメタルフリー治療

腕時計や指輪やピアス等のアクセサリーをしていて痒みやかぶれ等を感じたことはありませんか?これらの症状は、金属が原因で起こった金属アレルギーの症状かもしれません。

今回は、金属アレルギーの症状や原因、歯科で行える対処法などをご紹介します。

 

金属アレルギーの症状

金属アレルギーにより次のような症状が現れます。

○味覚の異常

○お口の中の粘膜や舌などの痛み

○金属色素の沈着

○口内炎、舌炎

○接触性の皮膚炎、湿疹

○掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

〇口(こう)腔扁平苔癬(くうへんぺいたいせん)

○腎炎

○喘息、過敏性肺炎

○偽アトピー性皮膚炎     等々

 

金属アレルギーの原因

アレルギーは体を守る免疫反応が過剰に起こったものです。

金属アレルギーは、金属が汗などの体液に溶けてイオン化し、体内に入って異物とみなされたことによって起きます。

アレルギーを起こす原因金属としては、水銀、ニッケル、コバルト、スズ、パラジウムや銅等、様々なものがあります。その中でも、ニッケル、コバルト、パラジウムはアレルギーを引き起こしやすいと言われており、これらは歯科用の金属にも含まれています。

金属が直接肌に触れたところはもちろん、血液によって全身に運ばれるため、色々なところに症状が現れ、原因をすぐに特定するのは困難です。

また、ひとえにアレルギーといっても様々なタイプがあり、金属アレルギーは症状が出るまでに時間がかかるタイプのものです。そのせいで、症状と原因とがすぐには結び付きにくいのです。

皮膚症状に悩まされている方は、時計やアクセサリーなどはもちろんのこと、お口の中にある金属(詰め物やかぶせ物)のことも一度疑ってみることをお勧めします。

 

松友歯科クリニックのメタルフリー治療

メタルフリー治療とは、金属を使用しない治療です。
金属を使用しないので、金属アレルギーのある方にも、体への悪影響を防ぐことはもちろん、審美性や精密性を兼ね備えた補綴物を使用することで、長期的なお口の健康維持につなげます。

  

ここでは松友歯科クリニックで取り扱っております、金属アレルギーと診断された方にも使用できる、メタルフリーの歯科素材をご紹介します。

【保険内】

プラスチック

見た目は白く気になりませんが、破損する場合があります。また年数がたつと色が変わってきます。

詰め物が大きくなると、破損の可能性が高くなるために、使用できないことがあります。

  •  耐久性★
  •  見た目★
  •  費用★★★★★

 

【保険外(医療費控除が受けられます)】

オールセラミック

セラミック(陶材)なので破損の可能性が低く、自然で美しい仕上がりになります。経年による着色も磨けばきれいになります。

  • 耐久性★★★★
  • 見た目★★★★★
  • 費用★

ハイブリッドセラミック

プラスチックと超微粒子セラミックのハイブリッド。

プラスチックよりはかなり丈夫ですが、セラミックに比べると強度に欠けます。

年数が経つにつれて多少変色することがあります。

  •  耐久性★★★
  •  見た目★★★
  •  費用★★★

ジルコニア

ジルコニアという人工ダイヤモンド素材なので強度は抜群です。松友歯科クリニックでは多くの患者様のニーズにお応えして、3タイプのジルコニアをご用意しております。

  エコノミータイプ スタンダードタイプ ハイグレードタイプ
  • 耐久性
★★★★★ ★★★★★ ★★★★★
  • 美しさ
★★ ★★★ ★★★★
  • 費用
★★★ ★★ ★×1.5

 

詳しくはスタッフまでお気軽にご相談ください♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)