知っていますか? 『8020運動』

知っていますか?『8020運動』

いつまでもおいしく食事を続けるための元気な歯は、日々のお手入れから。

1989年(平成元年)から厚生省と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。

 


高齢になっても豊かに楽しく過ごすために、いつまでも自分の歯で、自分の口から食事をとることは大切です。

8020運動開始当初は7%程度(平均して残っているはの数は4~5本)でしたが、2005年の厚生労働省の調査では、80歳~84歳の8020達成率は21.1%で、85歳以上だと8.3%にまで伸びました。その後、2017年の調査では、80歳以上の達成者が51.2%となりました。

 

8020が達成できなくても…

仮に8020を達成できなかった方でも、きちんと噛むことができる義歯(入れ歯)やインプラントなどを入れて口の中の状態を良好に保つことで、20本あるのと同じ程度の効果が得られます。

義歯を含めた歯でも食べ物をしっかり噛むことができれば全身の栄養状態も良好になりますし、よく噛むことで脳が活性化され、認知症のリスクが軽減するという調査結果も出ています。いつまでもおいしく食べ続け、健康寿命を延ばすためにも定期的にかかりつけの歯科医院に行き、 口の中の健康を保ちましょう。

かかりつけ歯科医

気軽に相談に乗ってくれたり、指導をしたりしてくれる 「かかりつけ歯科医」を持つことは、8020を目指すのにとても大切です。定期的に歯の健診を受け、歯を失う原因となるむし歯や歯周病を早期に発見し、早期に治療を受けるように心がけましょう。

また、8020達成のためにはセルフケアも大切です!  歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目など汚れの残りやすい場所は、歯間ブラシやデンタルフロスなどを使ってきちんと汚れを落とすことが大事です。正しい歯の磨き方や歯間清掃具の使い方については当院でもご説明させていただいています。

わからないことがあった時にはぜひお気軽に当院におたずねくださいね☆

 

 

 

松山市の痛くない歯医者を目指す

松友歯科クリニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)