歯の変色と改善方法

歯の変色が気になったことはありませんか?

歯の変色の原因には『外因性』と『内因性』のものがあります。

 

外因性
  • 着色(コーヒー、紅茶、ワイン、たばこ等々)
  • 歯石
  • むし歯
  • 修復物(コンポジットレジン等)の変色

内因性

  • 失活歯(神経の治療をした歯)
  • 加齢・遺伝
  • テトラサイクリン歯
  • エナメル質や象牙質形成不全・歯牙フッ素症

 

変色の改善は?

変色の改善には、それぞれの原因に対して次のような対処法があります。

 

外因性の変色への対処法

着色・歯石

歯科医院でクリーニングを行いましょう。

定期的なメインテナンスをおこなう事で、ご自身の歯の色を維持することができます。

 

むし歯

歯科医院でむし歯治療を受けましょう。

定期的なメインテナンスをおこなう事でむし歯を発見することもできます。

むし歯が小さいうちに治療をおこなえば、短期間で治療が終了します。

 

修復物の変色

歯科医院で修復物のやり替えをすることができます。

詰め物・被せ物の違いによって、その後の変色を抑えられる場合がありますので、かかりつけの歯科医院に相談してみましょう。

 

内因性の変色への対処法

失活歯

➀根管治療を行い、被せ物で修復する。

ご自身の周りの歯の色に合わせて色味を合わせることができます。白い被せ物は、処置部分やかぶせ物の種類によって保険適応外になる場合がありますので、ご相談ください。

 

 

②ウォーキングブリーチ

失活歯の漂白です。保険外治療となります。

失った歯の面積の大きさによっては適応できない場合があります。

ウォーキングブリーチにより色味は明るくなりますが、周りの歯の色に合わせて調整することは困難です。また、歯質によっては明るくなりにくい場合もあります。

 

加齢・遺伝

歯のホワイトニングで明るくすることができます。

年齢が高くなるほどホワイトニングの回数や期間は長くなりますが、ホワイトニングによって明るい歯にすることができます。

ホワイトニングは保険外診療になります(松友歯科クリニックでは5,000円~詳しくはここをクリック

 

テトラサイクリン歯

歯のホワイトニングでもなかなか色味が変わりにくいですが、デュアルホワイトニング(オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方行う)でホワイトニング効果が期待できますが、一般的なホワイトニングより長期間継続する必要があります。

 

エナメル質や象牙質形成不全・歯牙フッ素症

こちらに関してはホワイトニング適応外となります。

定期的なメインテナンスにて、むし歯が進行しないようにチェックしてもらいましょう。

どうしても色味が気になる場合は、詰め物や被せ物での対応になる可能性があります。

 

 

 

今回は、歯の変色と改善方法についてお話ししました。

個人のお口の状況などによって、治療の方法が変わる場合もありますので、まずは受診して相談していただくことが大切です。

松友歯科クリニックでは、通常のホワイトニングをはじめウォーキングブリーチやデュアルホワイトニングも行っております。

ホワイトニングに関しては、今後、お得なキャンペーンも計画しておりますので、ご興味のある方は是非お気軽にご相談ください!

 

 

 

 

 

 

松山市の痛くない歯医者を目指す

松友歯科クリニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)