歯ブラシの形態について

  • 歯にいい話

ドラックストアでもいろいろな種類の歯ブラシが置いてありますがなにがいいのかわからなくなることはありませんか?

今回は歯ブラシの形態や大きさによっておすすめできるポイントに違いがありますのでご紹介します。

 

歯ブラシの操作スキルを活かせる歯ブラシの形態

小さめの歯ブラシは口腔内で取り扱いやすく、毛先が平らに切りそろえられた歯ブラシは歯面と毛先の角度などが確認しやすい為、歯ブラシの頭の「つま先・脇・かかと」などを使って、歯と歯の間や歯と歯茎の境目など狭い部分にもしっかりと毛先を到達させることができます。

 

 

 

操作スキルを補う歯ブラシの形態

一般的に行われている歯磨き習慣や歯磨き方法で歯と歯の間などの虫歯がよくできる部位を可及的かつ最大限に刷掃できるように設計されている歯ブラシも販売されています。

 

 

歯ブラシの形態と特性について

細部到達性と刷掃効率について

「細部到達性」とは歯ブラシの形態が歯と歯の間などの細かい部分にしっかりと届くことであり、「刷掃効率」とは可及的に短い時間で効率的に歯垢を除去することを意味します。

例えば、歯ブラシのヘッドが小さいと細部到達性は向上しますが、小さいために時間がかかるので刷掃効率が低下します。

反対にヘッドが大きい歯ブラシは小さいものに比べて細部到達性が低下しますが、刷掃効率が向上します。

また、歯ブラシの毛先の太さが細くなれば細部到達性は向上しますが、一方で刷掃効率が低下します。

このように一般的に細部到達性と刷掃効率は相反する関係にあります。

 

 

ヘッド

ヘッドの長さは歯ブラシの操作効率と関係が深いため、歯ブラシする時間を考慮する必要があります。

例えば、丁寧に時間をかけて歯を磨くのが難しいので短い時間で歯ブラシをされる方がヘッドが短い歯ブラシを使用するとかえって磨きのこしが多くなる可能性があります。

そのためすべての方に小さい歯ブラシを選択することは推奨しません。

ヘッドの長さが長くても歯ブラシを動かす幅が大きい場合はお口の中の取り回しがやや悪くなりますが、奥歯までの到達性にはあまり差はありません。

よって丁寧に一本一本磨く時間が取れる方は細部到達性に優れるヘッドが短い歯ブラシを推奨します。

 

 

電動歯ブラシについて

電動歯ブラシは平滑面の清掃効率が優れていることが特徴ですが先が歯面に届いてなければプラークを除去することはできません。

したがって虫歯や歯周病の好発部位である噛む面や歯と歯の間は注意して磨かなければならない点は手用歯ブラシと変わりはありません。

また、毛先が高速で振動すると狭いところへ入りにくくなることがあるため、電動歯ブラシを使用している場合には手用歯ブラシを使用しているとき以上に歯と歯の間に毛先を届かせることを意識して使用する必要があります。

 

 

松友歯科クリニックでは、メンテナンス時に歯垢を赤く染め出しして、歯ブラシで汚れがしっかり取れているのかをお調べしています。

今ご使用の歯ブラシでどのぐらい歯垢が取り除けているのかチェックしてみましょう。

 

 

 

 

 

松山市の痛くない歯医者を目指す

 

松友歯科クリニック

人気記事ベスト3